Dr.ロバートからの特別なメッセージ

「成功するホメオパスの秘密」

ホメオパシーは実践するのが難しいと考えられています。

 

事実、日本で少しずつホメオパシーが広まりつつありますが、成功しているホメオパスというのはごくわずかです。

 

成功しているホメオパスは、最低でも80%のケースで良い結果を出すことができるホメオパスです。
そして、何より、ホメオパシーで生計を立てることができる、ということです。

 

では、どのようにホメオパスとして成功することができるでしょうか?
どのようなことであれ、あなたが成功したいとき、その分野でもっとも成功している人に倣うのが良い方法です。

 

それでは、世界でもっとも成功しているホメオパスとは誰でしょう?

それは、疑いようもなく、サミュエル・ハーネマンその人です。

 

では、ハーネマンはどのように成功したでしょうか?
もちろん一つの理由だけではありません。いくつかの理由について分析してみましょう。

 

ハーネマンは、「ヒーリングの芸術についての完全な本」と大雑把に訳されている“Organon der Heilkunst”と呼ばれる本に、

彼の行った仕事について書き記しました。

 

ハーネマンは、自分の本を「ホメオパシーのレメディー」とか
「ホメオパシーのレメディーをどのように使うか」とか
「ホメオパシーのレメディーについてのすべて」と呼んだでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。

 

ほとんどのホメオパスは、ホメオパシーとはレメディーについて、正しいレメディーを見つけることがホメオパシーだと考えています。
それは、あまり現実にそぐわない考えです。

 

「ホメオパシーとは人々を癒すこと!レメディーは氷山の一角に過ぎない!」
ハーネマンにとって、これは非常に明らかなことでした。

 

もしあなたが氷山の一角だけ、見えている部分だけについて学んでいたとしたら、
どのようなことであっても成功することはないでしょう。
見えない部分に広大な事実が横たわっているからです。

 

人間についてもまったく同じことがいえます。
あなたが見ることができるのは氷山の一角だけです。

人間の内なる次元の全体像は表から見えません。動きや振る舞いを通じて間接的な形でだけ見ることができます。

 

ハーネマンにとって、いかなる状況のケースであっても、観察するためのたくさんの症状があります。

 

でも、これらの症状というのは、その人の「ひとつの完全な状況」について、異なる側面をあらわしているに過ぎません。

そこには、ひとつの完全な状況があるだけです。

 

そして、このひとつの完全な状況が何であれ、解決策はひとつだけです。
ただひとつの解決策しかありません。5つでもなく、10でもなく、15でもありません。

 

もちろん、どのような状況であっても、その状況の見方は、5つあったり、15あったり、もっとたくさんあったりするでしょう。

でもハーネマンにとってそれは重要なことではありません。

 

全体の状況、全体の複雑さ、同時にすべてを観ることが重要なことなのです。
それをハーネマンは「症状の全体性(the totality of symptoms)」と言いました。

 

ハーネマンにとってのホメオパシーは、私たちが今日「ホリスティック」と呼んでいることをベースにしていることは明らかです。

 

もしあなたが、その人の状況のひとつの側面だけをみて、分析したり、レメディーを選んだりしているのであれば、

それは役に立ちません。


たいてい「局所的なレメディー」が成功しないのはそのためです。

たまに、成功したとしても、成功するホメオパスにはなれません。
継続して成功するからこそ、成功するホメオパスになれるのです。

 

つまり、成功するホメオパスになるということは、あなたがホリスティックな方法で、
クライアントの状況を評価できるようになる必要があるということです。

 

もし、あなたが、そのためのトレーニングを受けていなかったとしたら、
ホリスティックな方法でクライアントの状況を観ることはできないでしょう。

トレーニングを受けなければ、クライアントの「全体性」を観ることはできません。

あなたは、自分の神経系統やこれまでの見方ややり方に従って、自分が見えることだけを見るでしょう。
そのような状態では、ホメオパシーで人を癒すことはできないでしょう。

 

もっとも成功したホメオパスであるハーネマンをみてみましょう。
彼のテクニックや振る舞い、パーソナリティのキーとなる要素は何だったでしょうか?
私は、30年以上もホメオパシーとハーネマン自身について学び、研究し、実践し、教えています。
それでも、ハーネマンの全体像を完璧に言い表すことはできませんが、
そうした研究や実践を通じて、私は自分自身を世界各国で教えることのできるホメオパスへと変容させてきました。
そうした経験から、ハーネマンには以下のような特徴があるといえます:

 


1.謙虚さ


ハーネマンは大変謙虚な人物でした。
自分が知っていることや行ったことによって、自分が他の人々より上にいるなどと考えたことはありませんでした。
彼のもとに来る人が誰であれ、労働者であれ、貴族であれ、彼は同じように丁重にすべての人々を癒しました。

 

 

2.卓越したコミュニケーションスキル


ハーネマンは10以上の言語を流暢に話すことができ、50の言語を読み、翻訳することができました。
もちろん、成功するホメオパスになるために8か国語をマスターする必要はありません。
しかし、もちろんそうしたことは助けになります。
重要なポイントは、言語を効果的に聞き、使うことを学ぶ必要があるということです。
特に「聞くことを学ぶ」ということが大変重要です。
ハーネマンはケーステーキングの仕方を説明するときに、オルガノンのなかでそのことを明言しています。

「聞くことを学ぶこと?そんなの簡単さ、誰でもできるじゃないか」と思うかもしれません。
しかし、そうではありません。ほとんどの人々は、自分自身の聞き方しか知りません。
一日中、自分の頭の中で話すことを聞いています。
他者を「聞く」ことについて何も訓練されていないのです。
人々が、本当に他者を「聞く」ことを始めたなら、世界はすでにもっと良い場所になっていることでしょう!

 

ですから、聞くことを学ぶことは非常に重要なスキルです。
では、どのようにそれを学ぶのでしょうか?

 

ホメオパシーのレメディーについて学ぶことによって、それができるでしょうか?
いいえ、それは、人間の多くの異なる側面に関係しているスキルなのです!

 

そして、言葉を効果的に使わなければなりません。
今日、この「言語」という側面に特化した研究分野があります。
「言語学」には、心理学的要素から芸術的な表現へと昇華される、優れたスキルがあります。

もし、言語学についてもっと知りたいなら「arrival(邦題:「メッセージ」)」という映画があります。

とても面白いのでよかったらご覧になってみて下さい。
実際、そういった映画を見ることは、成功するホメオパスになることの基本的な部分です!
なぜかというと、「人間」のさまざまな側面について教えてくれるからです!

 

 

3. 非常に正確な観察

 

これは、私がホメオパシーを教えている中で、大半の生徒が欠けている要素のひとつです。
観察することというのはシンプルです、ただ見るということ!

 

しかし、見ることはひとつの過程ではありません!
あなたは見る、それから見ることを処理します。
つまり、あなたは「見ていると考えていること」を見ているのです!

 

ホメオパシーの障害物とは何でしょう?
ホメオパシーの主要な障害物とはホメオパスです!


もちろん、ホメオパスは機械ではありません。人間です。非常に複雑な人間です。
そのことの何が問題になるでしょう?
繰り返します。物事はそう簡単ではないのです。

 

ちょっと振り返ってみましょう:
ホメオパシーのレメディーの選択は何に基づくべきでしょうか?
リアルな状況に基づいているべきです。
客観的なありのままの状況、つまり「事実」に基づいているべきです。
「事実」とはファンタジー(空想)ではありません。空想ではない「事実」がホメオパシーにおいては非常に重要です。

 

観察とは、ただありのままに観察するということです。
しかし、ありのままに観察するということがとても難しいわけです!

 

あなたは自分自身で試すことができます。
何でもよいので、ただ観察するということをまずは試してみて下さい。
交差点の人混み、高層ビル、レストランで食事をしている誰か。

あなたが観察し始めると、同時に、評価やジャッジを始めていることに気づくでしょう。
あれはいい、あれは醜い、あれはきれい、あれは賢い、あれは愚か、あれは正しい、あれは間違い・・・・・

あなたのマインドは、すべてのものにラベルを付けていきます。
そして、そのラベルは、あなたの経験や信念、教育に基づいています。
マインドはそのラベル付けに慣れていて、常に物事を解釈しています。

 

あなたはありのままの状況を観察しているのではなく、
あなたが観察している状況を「解釈」しているのです。

客観的に観察できるということは、あなたのマインド、思考や感情の働きを知る必要があるということです。
客観的な事実だけが残るように、あなたが見たピクチャーから思考や感情の働きを取り除くことができるということです。

 

ホメオパシーの世界では誰もこのことを教えていません。
しかし、ハーネマンだけでなく、すべての偉大なホメオパスたちについて見ていったとしたら、

そういった偉大なホメオパスたちはみなこの分野について訓練しています。
ケース分析から自分の解釈を取り除くことができるように、ありのままを見ていくことができるように、
彼らは自分自身について観察し、理解するために、かなりの時間を費やしています。

 

事実、私も同じです。
自分自身について理解するということを30年以上日々行ってきています。

 

ではどうやって自分自身について学ぶことができるのでしょうか?

「あなたの」マインドや「あなたの」感情の反応、「あなたの」価値観、「あなたの」信念、「あなたの」条件付け、「あなたの」考え、

何が正しくて、何が間違いなのか、何が良くて、何が悪いのか、何をすべきで、何をすべきでないのか、
そういったことの働きについてどのように学ぶことができるでしょうか?
本からでもなく、講義からでもなく。

 

ちょっと考えてみて下さい。
あなたは車の運転をどのように習いましたか?
ビデオをみて?オンラインコースを受講して?本を読んで?講義を聞いて?
もちろん、技術的な知識も必要です。
しかし、あなたが車を運転できるようになるにはただ一つの方法しかありません:
それは「実践」です。

 

マインドや思考、感情、自分自身について学ぶときも同じことがいえます。
特定の実践的なトレーニングが必要です。
講義を聞いたり、本を読むだけでは習得できません。さもないと、それは理論上のものにとどまるでしょう。
最終的にはすべて同じ方法に戻ってしまいます:事実ではなく、事実の解釈。


そして、シミリマムは見つかりません。
何となくケースにフィットするいくつかのレメディーが見つかるだけです。
結果は出ない。そのため、レメディーを変える。そしてまたレメディーを変えて、また変えて・・・の繰り返しになるでしょう。

 

なぜこうなってしまうのでしょう?
ホメオパシーがちゃんと機能していないからでしょうか?
いいえ、ホメオパスがちゃんとトレーニングされていないのです。
ホリスティックな方法でトレーニングしていないからです。
残念なことに、選ばれた少数の人々だけが、本当に自分自身を学ぶ勇気を持っています。
彼らには成功するホメオパスになるチャンスがあります。ぜひあなたもその一人になって下さい!

 

私がこれまで会った大半のホメオパスは、人々から遠ざかるために、そして、彼ら自身から遠ざかるために、

本や知識の後ろに隠れていました。

真実を見ることは大変な痛みを伴います。幻想の中に生きているほうが簡単です。

 

ハーネマンは、「真実だけが役に立つ」ということを信じて疑いませんでした。
そして、実際に、真実に従うために非常に痛みを伴う人生の選択をしています。
彼の真実に従うことができるように、意識的に自分自身をとても困難な状況に置いたのです。
そうすることによって、彼は自分自身についてたくさんのことを学ぶことができました。

 

私たちは、自分自身について、居心地の良いリビングルームで学ぶことはできません。
自分自身をある種の特別な状況に置かない限り、クリアに自分自身を観察することはできません。
これは、サンスクリット語で「タパス」と呼ばれている古代インドのテクニックでもあります。
人類が成長していくためには、あらゆるシステムが使われてきました。

 

しかし、独りで実践するのも十分ではありません。
自分自身を知るためにさまざまな困難をくぐり抜けていくことだけでは十分ではないのです。
もちろん理論的な知識も必要です。

理論的な知識とは何でしょう?

すべての人類についての知識、特に見えない部分、ハーネマンが英語で「マインド」と呼ぶすべてのことについての知識です。
ハーネマンのビジョンにおけるマインドは思考ではありません。
人間の内なる働きのすべてです。
私たちが、今日、人間の「ホリスティックなリアリティ」と呼ぶものです。

 

いまあなたはそういったリアリティについて何も知らないかもしれないし、少しだけ知っているかもしれません。
では、どのようにそれを観察することができますか?

 

皆さんご存知のように、オルガノンでハーネマンは明確に述べています:
「病理があるところがどこであれ、マインドが錯乱している」

自分自身やすべての人間におけるホリスティックなリアリティについて学んでいなかったとしたら、
この「錯乱」の症状をどのように見つけられるでしょうか?

 

ホメオパシーにおいては、ただ理論的で概念的な知識があれば十分だと皆さん思っていますが、それは違います。
これが、私が教えるホメオパシーに「ホリスティックホメオパシー」と名付けた理由であり、
そのホリスティックホメオパシーの基礎としてホリスティックヘルスを教えようとしている理由です。

 

人間のホリスティックなリアリティについての理解がなければホメオパスとして成功することは難しいでしょう。

今日、ホリスティックな方法で実践することは、ハーネマンが実践していた方法にもっとも近いといえます。
ハーネマンはホリスティックな方法がまだ存在していない時代において、ホリスティックな方法で実践していたのです。

 

 

4. 自信

自信を持つことは傲慢なことと違います。
傲慢さは、本当のところは自信がないことのサインです。
奇妙なことに、謙虚さ、つまり、自分が一番だと言及すること無しに、自信をつけていくことは皆さんにとって難しいことだと思います。
それは、教育における大きな誤解のひとつです。自信と謙虚さは一緒に教える必要があります。


本当の自信というものは、あなたをより人々に近づけていくでしょう。
自信がなかったら、あなたは人々に共感するために近づいていくことはできないでしょう。
あなたに近づいてくる人に圧倒されてしまう恐れがあるからです。そのため、あなたは常に人と距離を保ちます。
そして、もしあなたがその距離の保ち方を間違ったら、自信を失い、あなたの「安全な距離」は傲慢さへと変わるでしょう。

そして、傲慢さはあなたを人々から遠ざけます。

あなたの共感を失わせ、終いには、あなたのハートとあなた自身を殺してしまうでしょう。

「知識」をベースにした「偽物の」自信ではなく、本当の自信がなかったら、

あなたは、自分のヒーリングの成果を正確に評価することはできないでしょう。
あなたが間違いを犯したとき、それを素直に認めるには自信が必要です。


ホメオパシーでは、間違いというのは、誤ったレメディー、もしくは、誤ったポテンシーを与えることです。

誤った摂取頻度、そのほかたくさんの間違いがあるでしょう。
何の効果も無いまま、1年か2年間、間違ったレメディーを摂っていたクライアントが私のもとに来たことがあります。

どうしてそのような状況になったのでしょうか?

もちろんたくさんの理由があるわけですが、もっとも一般的な理由は、ホメオパスの自信の欠如です。
そのホメオパスが、自分が与えたレメディーが間違っていると認める自信が無かったということです。

そして、そういった自信というものは本から学ぶことはできません。

 

もしかすると、あなたは自信があると思っているかもしれません。

でも覚えておいて下さい。あなた自身の深い層にあるいかなる自信の欠如も、あなたのヒーリングや行動を危うくさせるでしょう。
それでは、私たちはどのようにしてもっと自信をつけることができるでしょうか?
答えはとてもシンプルです。私たちは自分自身とワークする必要があります。

このことはいつも私を驚かせます:
人々が身体レベルで何か到達したいとき、例えば、マラソンをする、スキーをする、サーフィンをする、

パラシュートで飛行機からダイブする、そういうときはたいてい2つのことをします。
レッスンを受け、そして実践します。

 

もしあなたが新しいスキルを学びたいなら、あなたはレッスンを受けて、実践する必要があります。

本を読むだけでは十分ではありません!もちろん本を読むことは必要ですが、それだけでは足りません。

あなたが内側のレベルで何かに到達したいなら、まったく同じことが言えます。
レッスンと実践無しで、共感や謙虚さ、自信、深い理解のようなたくさんの内なるスキルを

あなたの内側で育てることはできません!
もちろん、そういったことを自分自身で学んでいける人々もいるでしょう。
私もそうやって学んできた部分もあります。

しかし、私はレッスンを受けずに飛行機を飛ばせる人がどれだけいるのか疑問に思います。

 

ホメオパシーは飛行機を飛ばすことよりはるかに難しいです。
人々を癒すということも、飛行機を飛ばすことよりはるかに難しい。
内なるスキルを育てていくことも、自分自身の制限を越えていくことも、飛行機を飛ばすことよりはるかに難しいと私は思います。
もしあなたがトレーニングを続けていけば、少しずつ少しずつ、徐々に自信を育てていくことができるでしょう。

そして、数年後あなたが振り返ったとき、自分が高い山を登ってきたことに気づくでしょう。

しかし、正しいトレーニング無しでは、あなたはそこに高い山があることにすら気づかないでしょう!


5. 責任

責任は自信の自然な成り立ちからやってきます。
もしあなたが自信を持っていて、他者から独立して、自分自身を信じるキャパシティがあれば、

自分の行動に100%責任をとることができるでしょう。

自分のヒーリング、自分のレメディーの選択に対して100%責任をとることができます。

すばらしいホメオパスになるチャンスを得ることができます。

 

ホメオパシーにおける問題は、あなたが成功していないときではなく、失敗したときにあります。

あなたのクライアントが改善していないとき、あるべき方向に進んでいないとき。
失敗に対して責任をとることができますか?

もしくは、失敗に対して責任をとることが、あなたが持っていた小さな自信を壊してしまうでしょうか?

もしあなたが失敗に対して責任をとることができなければ、どのようにその失敗に対処しますか?

どのようにその失敗を成功に導きますか?とてもシンプルです ― あなたにはできません。

あなたはその失敗を外側の何かのせいにするでしょう。

 

ホメオパシーにおける基礎的なルールのひとつは ― それはヒーリングにおける基礎的なルールのひとつでもあります― 

私たちは、自分のヒーリングの結果に100%責任をとる必要があるということです。

何が起きても、よいことも、悪いことも、すべてに責任をとる必要があります。


もちろん、私たちが何に対して責任をとるべきかについて明確にしておく必要があります。
「責任をとること」は一般的にネガティブな方法で行われています。一般的な責任のとり方は、支払いによってなされます。

交通事故を起こしたことに対する責任、友人をレストランに招待したことに対する責任、子どもの教育に対する責任、

それらはすべて支払うということを意味しているでしょう。

支払いが好きな人はいますか?誰かに奢ってもらうほうが嬉しいですよね!

ここで言っている責任というのは、支払うということではありません。
反対に、「得ること」を意味しています!何を得るのでしょう?すべてです!


もしあなたが自分自身を宇宙の中心に置いたら、あなたの責任下で起こっていることのすべて、

つまり、起こっていることはあなたにとって意味があるということ、が見えるでしょう。

そうして、あなたは恩恵を得ることができます。

起こっていることの原因を自分自身に見い出すことによって、あなたは自分を成長させることができるのです!

 

私がよく耳にするように、あなたが自分自身ではなく外側の何かのせいにするなら:
「このシステムを変える必要がある」

「このシステムは私に合わない」 

「経済が不況だからだ」 

「この人は癒されたくないのだ」

「政府なんて最低」

「私はもっと受け取っていいはずだ」

「私の両親は必要な愛を与えてくれなかった」

「私の妻のせいだ」

 

人々が毎日繰り返しているこうしたことは、あなたからパワーを奪い、他の誰かにそのパワーを与えてしまいます。

それはホメオパシーのことに限らず、よい戦略ではありません。

 

ホメオパシーにおいては、あなたが使うことのできるすべてのパワーを必要とします。
いくつかの局面に同時に立ち向かわなければなりません。

病気と、偏見や先入観と、理解の欠如と、条件付けと、誤った信念と闘わなくてはならない。

そして、自由のために戦わなくてはなりません!

あなたが使うことのできるパワーのすべてを使わなかったら、どうやって戦っていけるでしょうか?

 

ホリスティックな方法で、あなた自身を教育し、実践を積んでいくことが、あなたのすばらしいパワーを拡大し、

あなたが本当に手にしたい成功や結果を与えてくれるでしょう。

 

ハーネマンは成功して、なぜあなたは成功していないのか?

それは、教育と実践にあります!それがすべてです!