Q&A

 

<カリキュラムについて>

 

Q.これまで行っていた内容と何が違うのでしょうか?

 

これまで、当校では、ホメオパスとして活動をスタートするための資格を得ていただくために、
 3年間のトレーニングをご提供してきました。

 

Dr.ロバートは10年以上前から日本でホメオパスの育成に携わり、試行錯誤を繰り返しながら

トレーニングを改良してきました。

そして、3年間のトレーニングを経て実践を始めたビギナーホメオパスが、
対処に困っている症例について、アドバイスを与えてきました。

そのなかで、もっとも共鳴するレメディー(シミリマム)を見つけられない原因が、
「ホメオパスがクライアントの全体像を客観的に観察できていない
=何が本当の問題なのか、どこを症状としてとるべきか、がわかっていない」
ことにあることが明確になってきました。

この「クライアントの全体像を観察し、病の中心を探し出す」こと、
クライアントを「ホリスティックな方法で」観察すること、
が、ホメオパスとして必須のスキルであるということ、
そして、そのスキルを身につけるためには、講義だけでは不十分で、実践的なワークを取り入れる必要があること。

そのため、3年間のトレーニングをフルリニューアルし、今年から新たにスタートすることになりました。

 


Q.1年間のトレーニンぐはどのようなイメージで進んでいきますか?

 

トレーニングはDr.ロバートがすべて直接レクチャーいたします。
Dr.ロバートがレクチャーを行う日程は全15日間で、4月に6日間、7月に3日間、11月に6日間となります。
7月はビデオレクチャーになりますが、4月と11月は、Dr.ロバートが日本に来日し、
日本の会場で実践的なワークを含むレクチャーを行います。

Dr.ロバートのレクチャーは、他のティーチャーと比べて、大変濃い内容となっています。
これまでの20年以上にわたるホメオパシーの実践と研究だけでなく、
Dr.ロバート自身が取り組んできた自己観察・探求のワーク、ホメオパシー以外のあらゆる療法

(サイコセラピー、エネルギーワークなど)のすべてが統合され、凝縮された形でレクチャーが行われるからです。

そのため、4月のレクチャーのあと、5月、6月は、レクチャーの録画をインターネット配信でご覧いただき、
7月のレクチャーまでの間に復習していただきます。ホームワークも出ます。

7月のレクチャーのあとも同様に、8月、9月、10月と11月のレクチャーに向けて自己学習をしていただきます。

11月のレクチャーのあとも同様です。
復習して出てきた疑問は、次のレクチャーで直接ご質問いただけます。

 

 

Q.レクチャーは英語ですか?日本語の通訳はつきますか?

 

Dr.ロバートは英語でレクチャーを行いますが、すべてのレクチャーに日本語通訳がつきます。

 


Q.欠席した場合どうなりますか?

 

レクチャーはすべて録画をいたします。
後日復習のためにその録画をインターネット配信しますので、

やむを得ずご欠席された場合はそちらでご覧いただけます。
ただ、トレーニングのなかには実践的なワークも含まれていますので、

そういった実践の部分はビデオ視聴では体験していただくことができません。

基本的には、すべてのレクチャーに参加していただく必要がございます。

 


Q.すでにホメオパスとして活動していますが、ホメオパシーについての専門的な質問を行うことはできますか?

 

はい、可能です。
ただ、ご質問の内容によっては、回答するタイミングについて、

Dr.ロバートがレクチャー全体の流れを考慮して、適切なタイミングで回答していくことになります。

 

 

<お支払いについて>


Q.分割払いを希望した場合、どのようになりますか?
 
4回までの分割払いが可能です。分割の場合もトータルの金額は変わりません。

4回の分割の場合は、
3月末まで/6月末まで/9月末まで/12月末まで
 
3回の分割の場合は、
3月末まで/7月末まで/11月末まで
 
2回の分割の場合は、
3月末まで/9月末まで
 
それぞれ、受講料を割った金額をお支払いいただく形となります。